ガラス・ブラインド

■透明ガラスは ポリ容器に水10:中性洗剤1の割合で液を作りキレイな布を液の中に浸し固く絞ってガラス全体に拭き上げて行きその後キレイな水で絞った布で拭きながらスクイジーで上から下に向けて水を切り乾いた布で隅を拭いてください。

■すりガラスの場合は 凹凸が有る場合には凹の部分に汚れが残り仕上げたときに拭き斑が残ります。初めに水10:中性洗剤1の割合で作った液に布を浸し普通に絞ってガラス全体に塗りながらブラシなどで  擦りキレイな水で絞った布で拭き上げていく。外で洗う場合は水ホースをかけながら洗い最後に軽く拭き上げる


■テープの跡などは テープとか硬くかたまった汚れなどは拭いても取れませんのでケレンなどで削り落としてください。但し、ケレンを立てますとガラスに傷が入りますので注意しながら力加減なども考慮して行ってください。


■ガラスのサッシ部分は 特にサッシの溝の部分などが汚れが溜まりやすいので定期的に拭いてください。溝の部分をマイナスドライバーなどでホコリをおこしながら掃除機で吸ってください。次に1g程水3:中性洗剤1の割合で作った液をスポンジに浸し溝に擦り洗いしてキレイな水で絞った布でふきあげる他の部分もこの方法で洗ってください。


■ブラインドの洗い方 煙草のニコチンや自然の汚れが知らず知らず間に付着して快適に仕事が出来ません。年に1回位は洗ってください。
@取り外す
A外でシートを広げその上にブラインドを寝かします。
B水3:中性洗剤1の割合で液を作る。
C初めにブラインド全体に水をかける。
Dブラシなどで液を浸けながら擦り洗いする。
Eホースで水をかけながらすすぎ洗いする。
F軽くふきあげ水切りをして暫く乾かす。
G元どおりに取り付ける。

※この作業を裏表繰り返す。重なっている部分の汚れが取れているかの確認もしてください。


■機械洗浄には 超音波でブラインドをクリーニングする方法やブラインドを洗浄液に浸け、広げてポールに吊り下げスライドさせながら機械洗浄し、その後水洗浄で仕上げる。また、手洗い方式で洗浄する場合などもあり、車で機械を積み込み会社へ出張作業などもありますが枚数が多いと機械洗浄は便利だと思います。

ダスキンプランサービスマスター事業部  (フリーダイヤル)0120−55−0890