各床面の清掃


■お手入れ方法は まず、床にホコリが有るとエアコンを使用しますと部屋全体にホコリをまき散らし,そのホコリを吸う事になりますので特に机の下などにホコリが溜まっているケースが有りますのでしっかりと掃除機掛けをしてください。通常は自分の足元においてある物などを移動させたり人に触られたくない為についついキレイにするのを億劫になりやすいのですが意外と見える部分は比較的お手入れされているのですが見えない部分も手を入れてください。初めに掃除機を全体にかけて乾いたモップで拭きあげるか汚れが有る場合はポリ容器に水10:中性洗剤3の液にモップを浸透させてしっかり絞り拭き上げ、その後キレイな水で絞ったモップで拭き上げます。

■汚れを取るのは 液に浸けたモップを拭きながらスッポンジの硬い部分で軽く擦り拭き上げします。但し、擦り具合を加減しないと傷が付きますので注意してください。

■清掃は上から 天井・照明器具などのホコリ払いから壁面部分の棚も含めたホコリ払いをします。その後事務机・椅子に移り、その時に事務机の整理・整頓も同時に行い足もとの整理、ホコリ払いを済ませた後に床掃除に入ると全体のホコリが落とせるのでエアコンを使用されてもホコリをまき散らすのを抑えることができますし快適に仕事をして頂けます。

■清掃管理表は 清掃管理表は是非作成してください。これが無いと行き当たりばったりの清掃になり結果的には経費削減できない清掃に成りやすいので必ず管理表にもとずいて実行してください。社員の皆様と良くご相談して頂かないと継続がしにくくなります。

※床材の種類
●ビニールアスベストタイル 軟質なものと硬質のものがあり、一般的にはPタイル(プラスチックタイルの頭文字)と呼ばれています。

●リノリウムタイル 酸化あまに油(リノキシン)に木粉、まつやに、充てん剤を加えて加熱したものを麻布の上に圧着してシートにしたもの。古くから歩行感よく、すりへりにくくすぐれた床材として病院等でよく使われて来ました。ただ、水や湿気に弱く、ひんぱんに水を使う場所に使用しないほうがよいようです。クリーニング上の注意としては、アルカリ性薬品を使うと茶褐色に変色しますので御注意下さい。油がベースになっていますので油の臭いがします。

●アスファルトタイル アスファルトタイルは低温では硬くなり割れやすく、高温ではやや軟らかくなって、いすやテーブルの足のあとがつきやすくなり、湿気には比較的強いですが、耐油性に乏しく地階によく使用されます。

●ゴムタイル 天然ゴムもしくは合成ゴム+補強剤+充てん剤で出来ており、歩行感がよく、又すべりにくく、すぐれた床材として用いられていますが油、酸、アルカリにやや弱いので使用場所に注意する必要があります。

●コルクタイル コルクの細片を圧しかためて表面に塩ビ層を張ったものです。コルクそのものが吸湿性があり、乾燥が悪かったり、ワックスののりが悪かったりする場合があります。

●クッションフロア(CF) この製品は製造上の違いによって、二つのタイプがあります。(ケミカルエンボス)は発泡性剤を入れてふくませる事によって凹凸をつけてあり表面加工がうすく傷がつきやすくデザインを優先した製品です。(メカニカルエンボス)は機械によって凹凸をつけてあり磨耗に強く耐久性を優先した製品です。

●電導床タイル 手術室のように引火性薬液を使うような場所に使われます。静電気スパークを防ぐ床又放射線防護タイルなどがあります。

※ワックス掛けについて ワックスには水性ワックス・樹脂ワックス・金属架橋タイプの樹脂ワックスなどがありますが床材に適したワックスを掛けることが重要です。特に洗浄された場合にアルカリ分が床面に残っていたりするとワックスを掛けられるとパウダリング(泡状)状態になったり黄変しますので充分にリンスしてください。
日常お手入れをされていても少しづつ汚れてきます。汚れが目立つてきましたらワックスや汚れを分解するハクリ洗浄をしなければキレイになりません。この洗浄の場合は少し難しくなりますので気をつけて頂きたいと思います。それは、ハクリ液のP・Hがかなり高くなりますのでこの液が他の対象物や器材に付着すると傷めるケースになりますのでくれぐれも気を付けてください。

※ワックスの頻度 歩行頻度・ワックス掛けの状態によって変わります。

※注意する事 ワックスが塗布してある床に水・液などが長時間放置しておくと白く斑点が残りますので、出来るだけはやく拭いて下さい。

◆床の材料によって 材料によって清掃の作業が変わりますので良く調べてから作業を開始してください。
ダスキンプランサービスマスター事業部  (フリーダイヤル)0120−55−0890