ガラス・ブラインド

    ガラスの種類
●板ガラス
普通板ガラス・磨き板ガラス・型板ガラス
●特殊板ガラス 鋼入板ガラス・強化ガラス・熱吸収ガラス・合せ板ガラス
●型ガラス ガラスブロック・デッキガラス・溝型ガラス
●泡ガラス フォームガラス
●ガラス繊維 グラスファイバー
●ガラスの磨き方

ガラスは自然と汚れてきます。ガラスが汚れていると診療所全体が汚れているような感じに思われがちです。また、患者さんもよい感じに思われませんので定期的にクリーニングして下さい。はじめに軽い汚れはガラス洗剤の入ったスプレーを軽くふきかけ布で汚れを取りながら拭き上げる。また、汚れがキッイ場合はポリ容器にガラス洗剤を水:5洗剤1の割合で作りその中に布をよく浸して絞ります。ガラス全体に擦り塗りしてキレイな水で絞った布で拭き取り乾いた布で拭きむらが出ないようにしっかりと空拭きする。その後テープの後とか汚れが残っているようでしたらホームセンターで販売しているプラスチックので汚れの部分を削りとって下さい。ガラスにキズが付かないように注意して下さい。


●ガラスの種類によって 種類によってクリーニングの方法を変えて下さい。特に
凹凸があるガラスはの部分に汚れが残ると仕上げた場合に拭きむらに成りますので洗剤で浸した布で拭きながら洗車ブラシか歯ブラシの固めで全体に擦ってホースで水を掛けながら洗剤を流して良く水を拭き取り空拭きで仕上げて下さい。


●日常のお手入れ 雨が降ったあとは外側は汚れと雨シミが残っている場合がありますので水で絞った布でふき乾いた布でふきあげて下さい。また、部屋の中が結露している場合は乾いた布でカラ拭きして下さい。(そのままおいて置くと白く濁った斑点になり取れにくくなりますので注意して下さい)

  
■ブラインドの洗いかた はじめに、出来れば外で洗う段取りをして頂きブラインドを取りはずし外で羽を広げて床面におきブラインド全体に水をかけ次に中性洗剤スプレーを全体にかける。2〜3分放置した後に水を掛けながら洗車ブラシで擦り洗いする。良く水を流した後で乾いた布でふきあげる。裏面も同じ作業手順で仕上げる。ブラインドの水が切れたら取り付け作業に移り完了です。ブラインドを触るときに手にケガをしないように取りあっかつて下さい。   
ダスキンプランサービスマスター事業部  (フリーダイヤル)0120−55−0890