トイレ掃除

●トイレ掃除の仕方 毎日多くの患者さんが使用されますので一日に1回は掃除して頂きたいと思います。はじめに、酸性タイプのトイレクリーナを段取りして便器にトイレブラシに液を付けてまんべんなく塗って1分〜3分程おいてから擦っり水でしっかりと流してください。また、天井がボードの場合は誇りを払いビニールクロスの場合は中性洗剤で軽く拭き上げる。壁のタイル部分も同じですが必ず度の場合もそうですが洗剤を使用した場合は水ぶきをしっかりして下さい。床面部分タイル・石材の場合は尿がこぼれている事が多くしっかりと洗浄します。はじめに、床面全体に軽く水で濡らしてください。その後洗剤をまんべんなく塗り1分〜3分程おいた後に擦り水でしっかりふきあげて下さい。まんべんなく塗らないと汚れている所だけ洗剤をかけますとその部分だけが色抜けしてしまいそれが逆にシミとなる可能性がありますので注意してください。

●天井の換気扇は パネルをはずして中を掃除機又は布で誇りを取り除いて下さい。この作業を定期的にする事が換気扇のモーターの負担を軽くしますので是非して下さい。外したパネルをキレイに洗い取り付けして完了です。

●ドアー部分では ドアーにもデコラ張り・純木・ステンレスなどがありますが、いきなりスプレーなどを掛けますと染みに成りやすいので必ず下から上に向かってかけてふきあげをして下さい。ステンレスの場合は必ず乾いた布でふきあげて下さい。

●衛生的に 作業終了後にできれば除菌剤でトイレ全体に除菌剤で軽く拭き上げて欲しいです。特にドアーの取って部分など患者さんが手で触られる部分はして下さい。。

●臭いについて 臭いはいろいろな原因が有りますが特に、こぼされた尿をとっていない場合又汚物がスムーズに流れない状態などがあり外部の臭いなどもあります。床面のタイル部分の排水口からもある。その場合は排水口にホースを入れて水をしっかり流してください。但し、2階のトイレでは水が漏れるケースがありますので特に注意して下さい。

●毎日のお手入れ 毎日1回は全体に軽い拭き掃除をして頂き週1回は少し汚れてきている所を洗剤でしっかりと洗って下さい。このようにすれば何時もキレイな状態で使用して頂けます。

●清掃管理表のおすすめ スタッフの皆さんがお掃除をしていくのにはお掃除管理表は絶対に必要です。全体に軽いキレイを維持する上では必ず作成してください。ある開業医様においては毎日が多忙でなかなかお掃除までが管理できない状態で全体にくすんでいます。とくに下のカーペットがクリーニング復旧できない状態になっています。そうすれば新たに張替えしなければならない事になり一箇所手を入れると他の所が目だってきますので他も手を入れなければ成らない事になります。大掛かりになりお金も掛かります。通常の店舗リニューアルの経費を考えますとかなり経費が削減できますのでスタッフの皆さんとよく相談されて作成して下さい。

※施工写真  洗浄前   洗浄後
 洗浄前   洗浄後
ダスキンプランサービスマスター事業部  (フリーダイヤル)0120−55−0890