換気扇の汚れ

◆いろいろなタイプ 壁に付いている簡単な換気扇からフードが付いていて中に羽が回っているタイプなどいろいろ有りますが1年中使用しますので汚れる確立は高いです。特に油物をよく使われる場合は汚れる頻度が早いです。また、油がたれてくる場合はかなり汚れていて各部品にも影響を与え防火にも良くありませんので注意して下さい。

◆お手入れは 壁に付いているタイプでは弱アルカリ性の液1に対して水5の割合で作った液で前のパネルと中の羽を外して軟らかいスポンジで擦り洗いして下さい。後はキレイな水で絞った布で拭き上げて下さい。但し、ヌルヌルとしたアルカリ液が取れるまで水で洗って下さい。フード付きの場合はまず、液の割合は上記と同じで網に液を全体にタップリとスポンジで付けて暫く置いてからブラシなどで擦り水をしっかりと流しながら洗浄して下さい。また、フードの中の部分では汚れている部分に液をスポンジで付けて擦り洗いしてキレイな水で絞った布で拭き上げて下さい。次は外のフードでずが部分的な擦り洗いをしますと艶がなくなったり色のバランスが取れなくなったりしますので液をスポンジで部分的な汚れだけでもフードパネル全体に液を付けながら布で擦り拭き上げしてキレイな水で絞った布で拭き上げて乾いた布でから拭きをして下さい。台所スポンジの硬い部分で擦ったりしますとキズが付くことがありますので気を付けて下さい。


◆モーター部分はどうする モーター部分に水が掛かりますと故障の原因になりますので軽く拭き上げる程度にして下さい。また、フード付きの羽を外すのでは簡単に外せる場合は良いのですが硬くてなかなか外れないとか、外した後のネジの締め具合とかがありますので出来ればそのままにして置く方が無難です。

◆音がでる。ひどい汚れ ひどい汚れの場合は壁に付いているプラスチック製の換気扇では洗うのが大変な場合はホームセンターで買って取り付ける方がお得です。フード付きの場合は新品に交換されるのは商品代・工事費を考えると高くつくと思いますので業者にクリーニングを依頼された方がお得かもです。音が高くて気になりだしたら少しモーターの軸の付け根に油を注すのも良いです。それでもダメな場合はメーカーに相談して下さい。

  
※ダスキン作業風景       
ダスキンプランサービスマスター事業部  (フリーダイヤル)0120−55−0890