白木のあく洗い

銘木は手をくわえたぶん答えてくれます!
●白木のあく洗いは、ぴんから切りまでありその場だけの洗い方から銘木の保護をして、できるだけ良い状態を維持する洗い方まであります。寺院などでは一切薬品が使えない水だけで洗いをかける場合もあります。また、銘木を使用した木造住宅が古くなったという理由から解体、廃棄されていく時代・・・・ 木の美しさを守り、木造住宅に新築の雰囲気をよみがえらせることが、結果として森林資源の保護にもつながります。いま、木のぬくもりを感じる時代ではないでしょうか。
(最近の施工事例・2003年12月26日   溝口邸冠木門施工)
■作業の内容
  @養生
  A内部に浸透した灰汁、汚れの分離浮き上げ洗浄
  Bしみ抜き、錆ジミ、雨ジミ、モルタルの除去
  Cカビ、日焼けの除去・仕上げの色調整漂白
  D調整ペーパがけ
  E汚れ防止・保護剤塗布
  F点検・養生はがし
  Gお客様確認
■作業日数
  1日目:養生
  2日目:汚れ洗浄
  3日目:昨日の汚れの確認しながら再度汚れ洗浄
  4日目:しみ抜き洗浄
  5日目:カビ・日焼け・色調整洗浄
  6日目:乾燥
  7日目:乾燥
  8日目:汚れ防止・保護剤塗布
  9日目:     〃
  10日目:養生はがし
◎今回お客様のご要望で木の本来の色仕上げにしました。
※一口アドバイス⇒新築の段階で手あか除去洗いをして保護剤を塗布
  すれば長期にわたり美しさがたもてます。(銘木を大切にしましょう!)
ダスキンプランサービスマスター事業部  (フリーダイヤル)0120−55−0890