天井・壁の汚れ

◆お手入れの仕方 天井・壁にもいろいろな種類がありますが基本はホコリ払いですがビニールクロスでは凹凸が有る場合は凹の部分にホコリ・汚れが溜まりやすく濡れた布で拭くと斑に仕上がりますので始めに掃除機に丸ブラシを取り付けて全体にしっかりと掛けて頂き中性洗剤1:水10の割合で作った液の中に布を浸け軽く絞った布で拭き上げます。その後キレイな水で絞った布で拭き上げて乾いた布で軽く拭き上げて完了です。凹凸のない平らなクロスも同じ要領でお掃除して下さい。但し、布クロス・紙クロスなどは水を嫌いますので注意して下さい。メーカーさんに確認してからお掃除して下さい。

◆染み・自然の焼け どの場合も同じですが染みはできるだけ早く取り除いて下さい。でないと材質にもよりますが染まりますと取れません。漂白剤などで取ると染みは取れてもその部分じたいが染みに成りますので気を付けて下さい。自然の焼けなども同じで黄変してきます。よく壁から額とか時計を取ると焼け跡でハッキリと型が残っているのを見られることがあると思います。染みの取り方として染み部分から少し広い目に水で絞った布で軽く浸し塗りをしてから染み部分に中性洗剤で作ったスプレーを吹き掛けてから拭き上げて下さい。また、スポンジなどで擦らないと取れない場合は傷が入らない程度を確認しながら作業をして下さい。

黄色い汚れが出てきた 日がたつにつれて何か黄色い汚れが部分的に出てくる場合があります。これはビニールクロスを張るときにクロスにのりを塗って張るのですが施工の段階でキレイにのりを取り除いていないと後に出てきます。この場合は水で絞った布で擦り拭きをして下さい。取れない場合は中性洗剤のスプレーを吹きかけてからスポンジで軽く擦りながら拭き取ってください。根気よくして下さい。

◆クロスの継ぎ目が クロスが日数とともに継ぎ目が開いてくる事が有ります。その場合はホームセンターなどでクロスの継ぎ目、のりを買ってきて早いめに修理して下さい。でないとクロスが硬くなり押さえると割れる事がありますので注意して下さい。

ご相談窓口は



0120−55−0890  担当者 武本まで

ダスキンプランサービスマスター事業部  (フリーダイヤル)0120−55−0890