浴室・トイレのお掃除

◆浴室のお手入れ 浴室は常に使用しますし肌に触れますのでこまめにお手入れして下さい。それには良く換気をする事が大切です。換気があまり出来ない構造の浴室では浴槽の水を流した後に入口のドアーを開けて浴槽洗いブラシの先に乾いたタオルを乗せて天井と壁面部分の水滴取りをしておくとお手入れが簡単に出来ます。また、日頃の入浴後に浴槽の水を抜く時にタオルで浴槽の立ち上がり部分と底面を擦り洗いをしながら水を抜いていく事で浴槽内がキレイにお掃除が出来ますのでお手入れが簡単になります。カビなどが目に付くように成りましたら入浴後にカビ取り洗剤をかけてドアーを閉め暫くたってから水をかけるとキレイになり大層になりませんので一度試してください。

◆ユニットバスの床は 床部分に凹凸のある材質は凹の部分に汚れが溜まりやすく日頃こまめにお手入れして置かないと汚れがひどくなると取れなくなります。人間の皮脂や石鹸カスなどで汚れますので入浴後に簡単に浴槽洗剤をスポンジで塗りブラシなどで擦り水洗いをして置いて下さい。また、浴槽の外側部分は石鹸カスで汚れて来ますので同時にタオルで擦り洗いをしておくと良いと思います。

◆トイレのお手入れ 和式・洋式のトイレに分かれますが基本は同じです。気持ちよく使用する上で常に清潔である事が大切ですので汚れを発見した時にお掃除をしてしまう事です。大層にならない程度にです。それにはトイレ用スプレー洗剤を用意しておき便器などの汚れを見つけたらその場でスプレーを掛けてトイレブラシで流し洗いをしてしまうことです。床面はトイレモップなどで拭きます。通常は月に1回位は天井の照明器具から換気扇も含めた上から下にかけてお掃除をして下さい。壁面のタイル及びクロスを拭き便器・床面・ドアーまでです。また、白木のドアーにはスプレーを掛けないで必ず水で絞った布で拭いて下さい。合板ドアーなどは下から上にかけてスプレーを掛けながら拭き上げないと上からスプレーを吹きかけると液が垂れてしまい筋が残りますので注意して下さい。

◆便器・タイル床面は この部分は黄ばみや尿石が付きやすいので汚れがひどくなる前にトイレ用スプレー洗剤を吹きかけてキレイにして下さい。汚れが付いてくるとクリームクレンザーや酸性洗剤などでお掃除をして下さい。汚れを発見したらその場でキレイにする事です。

※実例写真     
ダスキンプランサービスマスター事業部  (フリーダイヤル)0120−55−0890